森を見に行く 

済州島(チェジュド)は面積1800km2、人口60万ほど、半島からは70km離れた離島です。韓国最南端で、北九州・四国・紀伊半島と同じくらいの緯度に位置しており、温暖です。ミカン栽培が盛ん。シンポジウムのテーマは「Korean fir(チョウセンシラベ:Abies koreana...

丹沢・大山

2019年10月21日

大山に登るのは、もう何回目かわかりません。小学校低学年で初めて登った山であり、高校のころ合格祈願!で初日の出を見に来たこともありました。今回は、11月にモミの国際シンポジウムに出席するにあたって、久しぶりに丹沢のモミを見たいと思ったのがきっかけでした。

北八ヶ岳・縞枯山

2019年09月14日

縞枯山を見てきました。以前から気になっていたのですが、今回はじめて訪れます。

道南・上ノ国町にある檜山研究林に行ってきました。農学部森林科学科の「施業実習」参加のための訪問です。

北海道の東部は、積雪・降雨が少なく、山火事が起きやすいと言われています。今年5月26日に、オホーツク管内雄武町の道有林で大きな山火事がおきました。今回、その跡地を見る機会がありました。

かつてのホームグラウンド、新潟の森に行ってきました。学会等で訪れることはありましたが、森に行くのは久しぶりで、とてもたのしみにしてきました。

秋田 天然スギ

2019年04月29日

連休の2日間を使って、以前から見に行きたかった秋田スギを見てきました。

北大研究林は、全国の大学研究林(演習林)と連携しています。そのひとつ、琉球大学の公開森林実習「亜熱帯林体験実習~亜熱帯林が広がるやんばる地域での人と自然の共生~」に参加してきました。

「森林研究・フィールドトレーニング」は、北海道大学研究林をフィールドとして、少人数で「研究」を実践的に体験するプログラムです。 2018年8月10日~8月14日(4泊5日)に雨龍・中川研究林で開催された「天然林で森林施業」について紹介します。* このページは北大フィールド科学センター「森林実習ブログ」からの転載です